2010年07月14日

チャーリー・クック

チャーリー・クック
cooke_168371s.jpg

 ● 国籍   スコットランド

 ● 生年月日 1942年10月14日

 ● ポジション FW

 ● 代表出場  16/0

 ● 所属クラブ

 1960-1964 アバディーン

 1964-1966 ダンディー

 1966-1972 チェルシー

 1972-1974 クリスタルパレス

 1974-1978 チェルシー

 1976-1978 ロサンゼルス・アステカロス 

 1978-1980 メンフィス・グロース

 1980-1981 カルフォルニア・サーフ



 魅惑的なドリブルで相手ディフェンダーを幻惑させ、正確なクロスでチームの得点を
 多くアシストしたスコットランドを代表するウィンガー。

 アバディーンでキャリアをスタートさせて、レギュラーとして活躍し63−64シーズン
 には最優秀選手にも選ばれる。

 66−67シーズンに当時チェルシーの監督をしていたトミー・ドハーティに引き抜かれ
 移籍をすると、期待通りの活躍を見せて、69−70シーズンにはFAカップ制覇する。
 翌シーズンにはUEFAカップウィナーズカップに出場。
 決勝ではレアル・マドリードと対戦すると、試合は1対1で引き分けになるが再試合の末
 クックがジョン・デンプシーの強烈なボレーシュートをお膳立てするなどして、2対1で
 レアル・マドリードを破った。

 72−73シーズンにクリスタルパレスに移籍をするが、74−75シーズンにもう一度
 チェルシーに復帰を果たす。

 76年にはアメリカ北米リーグに渡りプレーをした。
 

 
posted by ポポフ at 12:56| Comment(18) | スコットランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

ブルーノ・ラッバディア

ブルーノ・ラッバディア

ブルーノ.jpg

 ● 国籍   ドイツ

 ● 生年月日 1966年2月8日

 ● ポジション FW

 ● 代表出場  2/0

 ● 所属クラブ


 1984-87 ダルムシュタット98

 1987-88 ハンブルガーSV

 1988-91 カイザースラウテルン

 1991-94 バイエルン・ミュンヘン

 1994-95 1FCケルン

 1995-98 ヴェルダー・ブレーメン

 1998-01 アルミニア・ビーレフェルト

 2001-03 カールスルーエSC



 
 体格的には恵まれてはいなかったが、屈強なDFが多いブンデスリーガ
 において、持ち前の得点感覚で得点を重ねていったストライカー。

 ダルムシュタット98でキャリアをスタートさせると、早い段階から
 レギュラーとして活躍しエースとして君臨すると、87−88シーズ
 ンにハンブルガーSVに移籍。
 その後88−89シーズンにはカイザースラウテルンに移籍し着実に
 キャリアを積み重ね91−92シーズンには、名門バイエルン・ミュ
 ンヘンでプレーをするまでに成長した。

 その後は数クラブ渡り歩き怪我などもあり、あまり活躍できなかった
 が、98−99シーズンに移籍したアルミニア・ビーレフェルトで
 完全復活し28ゴールを決めてチームの最優秀選手に選ばれた。

 現役時代は8クラブでプレーをして1部で103ゴール2部で100
 を決めた。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!



posted by ポポフ at 12:25| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

カルロス・マヌエル

カルロス・マヌエル

カルロス.jpg

 ● 国籍   ポルトガル

 ● 生年月日 1958年1月15日

 ● ポジション MF

 ● 代表出場  42/8

 ● 所属クラブ



1975-78 ファブリル

1978-79 バレインセ

1979-87 ベンフィカ

1987-88 シオン

1988-90 スポルティング・リスボン

1990-92 ボアビスタ

1992-94 エストリル・プライア



 柔らかいボールタッチで、ショートパス、ロングパスの精度は素晴らし
 く、時折放つミドルシュートも精度が高く、得点も取れた80年代の
 ポルトガル代表の司令塔をつとめた。

 75年にファブリルでキャリアをスタートさせたが、3シーズンで2試合
 しか、出場できずに、78年にバレインセに移籍をすると、その才能が
 開花し、チームの躍進を支えた。

 79年には名門ベンフィカに移籍をすると、ここでもチームの主力として
 活躍し、9シーズンの在籍で5度のリーグ優勝、1度のカップ戦の優勝
 に貢献して、87年にはスイスのクラブであるシオンに移籍をしたが、
 怪我などにより、思うような活躍が出来ずに終わり、1シーズンでポルト
 ガルのスポルティング・リスボンに移籍をしたが、もはやプレーにキレが
 戻らずに、ボアビスタ、エストリル・プライアなどでプレーをし現役を
 引退した。

 代表では1984欧州選手権に出場しベスト4進出に貢献し、1986
 メキシコ・ワールドカップでは予選リーグ敗退に終わったが、3試合に
 出場し、前線のフットレなどに効果的なパスを何本も通し、イングランド
 戦では自ら得点をした。

人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!

タグ:ポルトガル
posted by ポポフ at 18:03| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

エドゥアルド・ベリッソ

エドゥアルド・ベリッソ

ベリッソ.jpg

 ● 国籍   アルゼンチン

 ● 生年月日 1969年11月13日

 ● ポジション DF

 ● 代表出場  3/0

 ● 所属クラブ


 1988-93 ニューウェルズ・オールドボーイズ

 1993-96 アトラス

 1996-99 リバープレート

 1999    マルセイユ

 2000    リバープレート

 2001-05 セルタ

 2005-06 カディス


 屈強な身体を武器に空中戦に強く、1対1にも絶対の自信を持ちディフェ
 ンダーでセットプレーから得点源としてもチームに貢献した。

 88年にニューウェルズ・オールドボーイズでキャリアをスタートさせる
 とレギュラーとして活躍をして、93年にアトラスに移籍を経て96年に
 名門リバープレートでプレーするまでに成長し、01年にはスペインのセ
 ルタへ移籍をしてビクトル・フェルナンデス監督の下でレギュラーとして
 活躍、当時のセルタは堅守が売りのチームで、その守備陣の中心として
 大活躍をしUEFAカップ出場に貢献して、02−03シーズンにはクラ
 ブ史上初のチャンピオンズ・リーグ出場に貢献した。

 翌シーズンにチームは19位と低迷して降格したが、ベリッソはチームに
 残り、1シーズンで1部に復帰に貢献してセルタを退団した。

 05−06シーズンはカディスでプレーをした。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!



 


 
posted by ポポフ at 18:42| Comment(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。