2009年03月14日

ブルーノ・ベロン

ブルーノ・ベロン

ベロン.jpg

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1962年3月4日

 ● ポジション FW 

 ● 代表出場 34/2

 ● 所属クラブ


 1980-87 モナコ

 1987-88 カンヌ

 1988-89 モリエンペ

 1989-90 カンヌ


 センターにどっしり構えてゴールを狙うストライカーではなくサイドに
 広がってボールを受けると素早くチャンスメイクをし中にクロスを供給
 もした、フォワード。

 80年にモナコでキャリアをスタートさせると当初は中盤でもプレーを
 していたが、徐々にフォワードとしての出場が多くなった。
 81−82シーズンにはリーグ戦、84−85リーグカップ戦の優勝に
 貢献をしたがその後は怪我の影響などもあり、徐々に先発を外れる事が
 多くなり87年にカンヌに移籍をし、その後はモリエンペ、そしてカンヌ
 でプレーをして90年に現役を引退した。
 
 代表では優勝を果たした1984欧州選手権に出場しラコンブと2トップ
 を組みプレーをし、両フォワードがチャンスメイクをし2列目のプラティ
 ニなどの2列目がが飛び込んでくると言う戦術をとり、試合中はアシスト
 役に回ることが多く自らの得点は1点だったが、ベロンからのラストパス
 が何度かゴールネットを揺らした。

 
人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!
タグ:フランス
posted by ポポフ at 18:10| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

アラン・ジレス

アラン・ジレス 

ジレス.jpg

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1952年9月2日

 ● ポジション MF 

 ● 代表出場 47/6

 ● 所属クラブ



1970-86 ボルドー

 1986-87 マルセイユ



 163センチという小柄な体格だが、豊富なスタミナと鋭い戦術眼で、
 攻守両面において優れたゲームメーカーでボールキープが上手く、時折
 放つシュートの精度は抜群な選手であった。

 70年にボルドーでキャリアをスタートさせると体格の不利を感じさせな
 いほどの、テクニックを持ち、数年後にはボルドーには必要不可欠な選手
 に成長をし、81年に代表でも中盤でコンビエを組んでいたティガナが移
 籍をしてくると、チームは格段にレベルアップをし、83−84、84−
 85シーズンにはリーグ優勝に貢献した。
 87年に現役を引退するまでに3度国内最優秀選手に選ばれている。

 代表では75年のデビュー、1986メキシコ・ワールドカッププでは
 ジレス、プラティニ、ティガナ、フェルナンデスの4人が小気味のいい
 パス回しで攻撃をするシャンパンサッカーと呼ばれたフランスサッカー
 を展開し、ベスト4進出に貢献した。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!
タグ:フランス
posted by ポポフ at 15:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ジョエル・バツ

ジョエル・バツ

バツ.jpg

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1957年1月4日

 ● ポジション GK

 ● 代表出場  50/0

 ● 所属クラブ


 
 1976-80 ソショー

 1980-85 オセール

 1985-92 パリ・サンジェルマン



 ゴールキーパーとして体格に恵まれてはいなかったが、鋭い反射神経と、
 ポジショニングに優れており、抜群の安定感を誇った守護神。

 ソショーでキャリアをスタートさせ、80年にはオセールへ移籍をすると
 ゴールキーパーの素質が開花し、毎シーズン安定感のあるプレーを披露
 すると、85年にはパリ・サンジェルマンへ移籍をし、ここでも不動の
 守護神としてゴールを守り、80−81シーズンにはリーグ優勝を果たし
 タイトル獲得に貢献した。

 代表では1986メキシコ・ワールドカップではゴールマウスを守り、
 フランスは決勝トーナメントに進み、準々決勝でブラジルと対戦になり
 バツは1−1で迎えた後半26分にジーコの蹴ったPKをセーブすると、
 その後またもやジーコのヘディングシュートをファインセーブをして
 試合はPK戦に突入する。
 ブラジルの1番手のソクラテスのPKをセーブするなどして、PK戦での
 勝利に貢献した。
 
 準決勝の西ドイツ戦では、バツが致命的なミスをしてしまい、ブレーメに
 先制点をあげられ、敗退の要因を作った。
 バツは代表50試合出場し、1984地元で行われた欧州選手権の優勝に
 貢献するなどし、安定感のあるプレーを披露した。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 


タグ:フランス
posted by ポポフ at 18:59| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

マニュエル・アモロス

マニュエル・アモロス

アモロス.jpg

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1962年2月1日

 ● ポジション DF

 ● 代表出場  82/1

 ● 所属クラブ



 1980-89 モナコ

 1989-93 マルセイユ

 1993-95 リヨン



 小柄だがスタミナが豊富で、安定した守りとタイミングの良い攻撃参加を
 得意とした1980年代のフランス代表を支えたサイドバック。

 18歳の時にモナコでトップデビューを果たすと、すぐにレギュラーとし
 て定着すると9シーズン過ごしたが2回のリーグ優勝に貢献する。
 89年にはマルセイユに移籍ををすると、89−90、90−91、91
 −92シーズンのリーグ優勝3連覇に貢献をした。
 93年から95年までリヨンでプレーをし引退をした。

 代表では20歳の時に1982年スペインワールドカップに出場し、4位
 入賞に貢献し、84年欧州選手権では見事優勝を果たし、1986年
 メキシコ・ワールドカップの3位決定戦のベルギー戦では、攻守に奮闘
 をし、3−2のリードで迎えた延長111分に得たPKをアモロス自ら
 落ち着いて決め、4−2で勝利しチームは3位となり、個人的には本大会
 のベスト11に選ばれた。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

タグ:フランス
posted by ポポフ at 12:29| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

マリユス・トレゾール

マリユス・トレゾール

トレゾール.jpg

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1950年1月15日

 ● ポジション DF

 ● 代表出場  65/4

 ● 所属クラブ



 1969-72 アジャクシオ

 1972-80 マルセイユ

 1980-84 ボルドー



 黒人特有の柔らかくバネのある体を生かし、空中戦には無類の強さを
 誇り、鋭く激しいタックルなど身体能力に任せたディフェンスも出来る
 が実は、相手FWとの駆け引きに長けた、非常にクレバーなディフェンス
 をしたフランス代表初の黒人選手。

 カリブ海から移民としてやってきた、トレゾールはアジャッシオでプロ
 としてのキャリアをスタートさせ頭角を現すと、72年にはマルセイユに
 移籍しカップ戦優勝に貢献すると、80年からボルドーに移籍し引退を
 した84年に自身は初のリーグ優勝を成し遂げ優秀の美を飾った。

 代表では82年スペイン・ワールドカップでは準決勝に進んだフランス
 にあって、主役はプラティニらを中心とした攻撃陣だったが、敵の攻撃
 からゴールを死守しフランスの攻撃を支えていた。

人気ブログランキングへ行く

 






 
posted by ポポフ at 11:40| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ドミニク・ロシュトー

ドミニク・ロシュトー

ロシュトー.jpg 

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1955年1月14日

 ● ポジション FW 

 ● 代表出場 49/15

 ● 所属クラブ


 
 1972-80 サンテティエンヌ

 1980-87 パリ・サンジェルマン

 1987-89 トゥールーズ



 彼のドリブルは独特だった。敵DFの間をすり抜けるような
 ドリブルでサイドを疾走し、センタリングをあげ、またはサイドから
 凄まじい勢いで中央に切れ込み、そのままシュートしゴールネットを
 揺らすこともあった。
 
 入団した当時のサンテティエンヌは強豪で、この常勝軍団の中で
 ロシュトーの才能は埋もれることなく、レギュラーの座を掴み、
 フランスリーグ最優秀選手にも選ばれる。

 代表ではプラティニ、ティガナ、ジレスの黄金の中盤に支えられ、
 ディディエ・シスとともに、FW陣を引っ張った。
 とはいえ当時のフランス代表のFW陣の核はロシュトーだったのは
 間違いないだろう。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 


 ◎焼酎アドバイザーが厳選した焼酎をご紹介!【酒蔵(さけぐら).com】

 
posted by ポポフ at 20:51| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャン・ティガナ

ジャン・ティガナ

ティガナ.jpg 

 ● 国籍   フランス

 ● 生年月日 1955年6月23日

 ● ポジション MF 

 ● 代表出場 52/1

 ● 所属クラブ



 1971-75 レアル・バマコ

 1975-78 ツーロン

 1978-81 リヨン

 1981-89 ボルドー

 1989-91 マルセイユ



 170センチにも満たない小柄な体格だが、フィジカルが強く、スタミナ
 も豊富でテクニックも優れ、自ら得点をすることはあまりなかったが、
 巧みなパスワークでクラブ、代表で多くのチャンスを作り出していた。

 アフリカ・マリからの移民として両親とフランスに渡り、ツーロンにて
 再スタートし、リヨンにて名を上げる。
 
 81年にはボルドーに移籍し、ジレスとの中盤での絶妙なコンビで、
 フランス・リーグ3度優勝し、ボルドーを一流クラブに押し上げた。

 代表ではプラティニ、ジレスとともに黄金の中盤と呼ばれ、フランスの
 知的で芸術性溢れる攻撃を中盤で支えていたのは、ティガナだった。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 


 ◎ETC特集

posted by ポポフ at 11:30| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

ディディエ・デシャン

ディディエ・デシャン

デシャン.jpg
 
 ●国籍   フランス

 ●生年月日 1968年10月15日

 ●ポジション MF

 ●代表出場 103/4

 ●所属クラブ


  
 1984-90 ナント

 1990-  マルセイユ

 1990-91 ボルドー

 1991-94 マルセイユ

 1994-99 ユヴェントス

 1999-00 チェルシー
 
 2000-01 バレンシア



 ユベントスのフランス人と言えば、プラティニやジダンの
 名前が思い浮かぶだろうが、90年代の黄金時代を
 切り拓いた先駆者はデシャンだった。

 同じフランス人のカントナから、自分のプレイスタイルを
 「単なる汗かき」と揶揄されたが、豊富な運動量と
 卓越した戦術眼で中盤を支え、ユベントスを攻守両面で支え
 ユベントスの躍進させる。

 スクデット、チャンピオンリーグ、トヨタカップ
 ワールドカップ、欧州選手権を制覇している。

 ◎人気ブログランキングへ行く 
 
 
 
 
posted by ポポフ at 18:19| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。