2009年04月13日

ラディスラオ・マズルキビッチ

ラディスラオ・マズルキビッチ

マルズケ.jpg

 ● 国籍   ウルグアイ

 ● 生年月日 1945年2月14日

 ● ポジション GK 

 ● 代表出場 44/0

 ● 所属クラブ

 
 1961-65 ラシン・モンテビデオ

 1965-70 ペニャロール

 1971-74 アトレチコ・ミネイロ

 1974-78 グラナダ

 1976-78 アメリカ・デ・カリ

 1978-80 コブレロア

 1980-81 ペニャロール


 身長は174センチしかないが、素晴らしい跳躍力で空中戦も苦とせず、
 的確な判断力と超人的な反射神経を武器に60年代から70年代にかけて
 ウルグアイ代表のゴールを守った名ゴールキーパー。

 61年にラシン・モンテビデオでキャリアをスタートさせると、すぐに
 レギュラーとして活躍して、65年にペニャロールに引き抜かれ、当初は
 控えだったが65年のリベルタドーレス杯の途中からレギュラーとして
 大活躍をして優勝に貢献すると翌年も大活躍をして2連覇に貢献をした。
 ペニャロールでは65年から69年までウルグアイ・リーグを5連覇して
 黄金時代を築いた。

 71年にはブラジルのアトレチコ・ミネイロに移籍、74年にはスペイン
 のグラナダなどに移籍して活躍をした。

 代表では1966イングランド・ワールドカップに出場してグループリー
 グでは3試合を1失点に抑えるなどして大活躍をしてヤシンやバンクスと
 並んで高評価を得た。
 その後は1970、74ワールドカップにも出場した。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!


 
ラベル:ウルグアイ
posted by ポポフ at 21:09| Comment(3) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

グスタポ・ポジェ

グスタポ・ポジェ

ポジェ.jpg

 ● 国籍   ウルグアイ

 ● 生年月日 1967年11月15日

 ● ポジション MF

 ● 代表出場  26/3

 ● 所属クラブ




 1986-88 リバープレート

 1988-89 グルノーブル

 1989-90 リバープレート

 1990-97 サラゴサ

 1997-01 チェルシー

 2001-04 トッテナム

 2006    スウィンドン・タウン



 攻守両面において、高い水準で、中盤ながら高い得点力を持ち合わせて
 おり、高い戦術眼から中盤ならどこのポジションをこなせた非常に器用
 な選手だった。

 若くしてフランスのグルノーブルでプレーをし、レギュラーとして活躍を
 すると90年にはスペインリーグのサラゴサでプレーをし、リーグ優勝こ
 そなかったが、94−95にはカップウィナーズカップの決勝でイングラ
 ンドのアーセナルを2−1で破り、優勝に貢献した。
 97年にはイングランドのプレミアリーグのチェルシーでプレーをすると
 97−98シーズンにはカップウィナーズカップを制し、自身としては
 2度目の栄冠に包まれた。
 その後はトッテナムでもプレーをした。

 代表では地元開催の1995コパ・アメリカでは圧倒的な強さで、グルー
 プリーグを通過をすると決勝トーナメントでボリビア、コロンビアを退け
 ると、決勝では1994ワールドカップ優勝メンバーを揃えたブラジルを
 PK戦の末に倒し、優勝を果たした。
 自身はフランチェスコリらと中盤で見事なプレーを見せた。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!

ラベル:ウルグアイ
posted by ポポフ at 15:25| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ファビアン・オニール

ファビアン・オニール

オニール.jpg

 ● 国籍   ウルグアイ

 ● 生年月日 1973年10月14日

 ● ポジション MF

 ● 代表出場  19/2

 ● 所属クラブ



 1992-95 ナシオナル・モンテビデオ

 1995-00 カリアリ

 2000-02 ユベントス

 2001-02 ペルージャ

 2002-03 カリアリ

 2003   ナシオナル・モンテビデオ



 足元のテクニックに優れ、得点能力もあり、タレント性もあり、典型的な
 ファンタジスタだが、気性が激しく、コンスタントに実力を発揮できない
 欠点を持ち合わせていた。

 92年にナシオナル・モンテビデオでフォワードとしてプレーを始めると
 チーム自体は好調だが、オニールはあまり良いプレーが出来ず、数シーズ
 ンを過ごしていると、ある試合でミッドフィルダーとして起用されると、
 その才能が開花をし、素晴らしい活躍をする。

 その後95年にイタリアのカリアリに移籍をし、当時のカリアリには同じ
 ウルグアイ人のダリオ・シルバおり、前線のシルバに極上のパスを供給を
 し、チームの中核として君臨した。

 00年に名門ユベントスに加入をしたが、選手層の厚さとコンスタントに
 実力を発揮できないプレースタイルが災いして、01−02シーズンの
 途中でペルージャに放出された。
 その後カリアリに戻りプレーをしたが、怪我などが原因で往年のキレが
 なくなっており、02−03シ−ズンを最後にイタリアを後にした。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 


ラベル:ウルグアイ
posted by ポポフ at 13:53| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

ウーゴ・デレオン

ウーゴ・デレオン

デレオン.jpg

 ● 国籍   ウルグアイ

 ● 生年月日 1958年2月27日

 ● ポジション DF 

 ● 代表出場  48/0

 ● 所属クラブ



 1977-80 ナシオナル・モンテビデオ

 1980-84 グレミオ

 1985   コリンチャンス 

 1986-87 サントス

 1987-88 ログニュス

 1988-89 ナシオナル・モンテビデオ

 1990   リバープレート

 1991   ボタフォゴ

 1991-92 東芝

 1992-93 ナシオナル・モンテビデオ



 187センチノ恵まれ体格と非常に高い身体能力で空中戦を得意として
 おり統率力もあり最終ラインの大黒柱であった。

 10代の頃からナシオナル・モンテビデオでレギュラーとして活躍して
 1980年のリベルタ・ドーレス杯の優勝に貢献するが、同年にグレミオ
 に移籍したためにトヨタカップには出場できなかった。
 しかし83年にグレミオでリベルタ・ドーレス杯に優勝すると、同年に
 行われたトヨタカップでは、ハンブルガーSVを撃破し初の世界一になる。

 その後スペインなどにも渡ったが88年には古巣のナシオナルに移籍し
 見事に8年ぶりの優勝を飾り、トヨタカップではロマーリオやクーマンを
 擁するPSV相手にデレオンを中心とした守備陣が踏ん張りPK戦の末に優勝
 を勝ち取った。
 
 ウルグアイのナシオナル・モンテビデオで2回ブラジルのグレミオで
 1回、合計3回リベルタドーレス杯を獲得し、トヨタカップは2回制覇
 した。

  ◎人気ブログランキングへ行く

 

       
ラベル:ウルグアイ
posted by ポポフ at 23:55| Comment(1) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

アントニオ・アルサメンディ

アントニオ・アルサメンディ

アントニオ.jpg

 ● 国籍   ウルグアイ

 ● 生年月日 1956年6月7日

 ● ポジション FW

 ● 代表出場  48/6

 ● 所属クラブ



 1976-77 ペニャロール

 1977-81 インデペンディエンテ

 1982-83 リーベル・プレート

 1983    ナシオナル

 1983-84 UAグラダラハラ

 1985    ペニャロール

 1986-88 リーベル・プレート

 1988-90 ログロニェス


 華麗なドリブルとボールタッチで、サイドを駆け抜けてチャンスを供給
 する、典型的なウィングタイプのFWだった。

 78〜82年まではインデペンディエンテでプレーをし、通算75ゴール
 をしており、実をいうと優れたストライカーだったが、アルサメンディは
 「自分はサッカーが上手いわけではない、ただサイドを駆け上がりボール
 をゴールの近くまで運ぶ。出来る仕事といえばそれだけ。」と語り、
 自分のプレースタイルはあくまでもウィングであると言ってのけた。

 86年にはリーベルでコパ・リベルタドーレスで優勝し、トヨタカップ
 では、ステアウア・ブカレストを相手にセットプレーから意表を突く
 シュートを決め、リーベルを世界一の座に導いた。
 そしてその年の南米年間最優秀選手賞も受賞した。

 ◎人気ブログラ ンキングへ行く

 

posted by ポポフ at 10:58| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

フェルナンド・モレナ

フェルナンド・モレナ

モレナ.jpg 

 ● 国籍   ウルグアイ

 ● 生年月日 1952年2月2日

 ● ポジション FW

 ● 代表出場 54/22

 ● 所属クラブ



1969-73 リーベル・プレート

1973-79 ペニャーロール
 
1979-80 バジェカーノ
 
1980-81 バレンシア

1981-83 ペニャロール

1983-84 フラメンゴ

1984-85 ボカ・ジュニオール



 ペナルティーエリア内で抜群のポジショニングでゴールを量産したが
 ペナルティキックが苦手な一面も持っていた、1970年代の
 ウルグアイ最大のスタープレイヤーで点取り屋。
 
 ペニャロールでは78年に26試合で36ゴーを決め、その活躍は
 ヨーロッパにも知られ、スペインのバジェカーノに移籍する。
 翌年はバレンシアに移籍するが、力を発揮できずにペニャロールに戻る。 
 82年のコパ・リベルタドーレス杯の決勝でチリのコブレロアと対戦し
 ホームでの初戦を引き分けて、迎えた敵地での第2戦でモレナの一撃が
 決まり、敵地8万の観衆を絶望の淵に落とした。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 ◎リンクシェアなら1円から報酬ゲット
 
posted by ポポフ at 16:25| Comment(0) | ウルグアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。