2009年03月18日

ロニー・ヘルストレーム

ロニー・ヘルストレーム

ヘル.jpg

 ●国籍  スウェーデン

 ●生年月日 1949年2月21日

 ●ポジション GK

 ●代表出場 77/0

 ●所属クラブ


 1966-74 ハンマルビーIF

 1974-84 1FCカイザースラウテルン


 ゴールキーパーに必要とされる能力を全て兼ね備え、中でも1対1に強く
 に強く何度も味方のピンチを防いだ70年代のスウェーデンを代表する名
 ゴールキーパー。

 66年にハンマルビーIFでキャリアをスタートさせ活躍を見せ、チーム
 自体は振るわなかったが、ヘルストレーム自身は好パフォーマンスを見せ
 71年にはスウェーデン年間最優秀賞を受賞するなどした。
 74年にカイザースラウテルンに移籍を果たし、ドイツでも不動の守護神
 として活躍をしたがリーグ優勝などのタイトルには縁が無く、84年に
 惜しまれつつ引退をした。

 代表では1970メキシコ・ワールドカップにレギュラーとして出場をし
 たが初戦のイタリア戦において前半11分にドメンギーニが放ったシュー
 トをキャッチミスをしてしまい、そのゴールが決勝点となってしまい、
 その後の予選リーグ2試合はベンチで見守ると言う屈辱を味わってしまう
 が1974西ドイツ大会では見事なプレーを見せてリベンジを果たした。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!


ラベル:スウェーデン
posted by ポポフ at 17:38| Comment(0) | スウェーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

フェリックス・マガト

フェリックス・マガト

マガト.jpg

 ● 国籍   ドイツ

 ● 生年月日 1953年7月26日

 ● ポジション MF

 ● 代表出場  43/3

 ● 所属クラブ


 1964-72 アシャッフェンブルク

 1972-74 ヴィクトリア・アシャッフェンブルク

 1974-76 ザールブリュッケン

 1976-86 ハンブルガーSV



 小柄で足元の技術に優れ、ゲームメイクにも長けており前線に効果的な
 パスを送り得点チャンスを何度も演出、自らもチャンスがあれば積極的に
 シュートを狙うミッドフィルダー。

地元のクラブのアシャッフェンブルクでプレーを始めるが小柄なマガトは
 レギュラーポジションを獲得できずにいたが、その類まれなるサッカー
 技術でレギュラーの座を掴むと、チームも変えてステップアップをして
 76年にハンブルガーSVに移籍を果たすと、フォワードのホルスト・ル
 ベッシュと共にチームの中心として活躍をして78−79シーズンにはリ
 ーグ優勝を果たし、81−82、82−83シーズンには2連覇を果たし
 て、83年のチャンピオズカップの決勝ではユベントスを相手に戦い、前
 半9分にマガトがペナルティエリア付近で放ったシュートは綺麗な弧を描
 きキーパーの頭上を越えるゴールを決めるなどして、勝利に貢献した。
 70年代後半から80年代前半のハンブルガーSVの黄金期を支えた。

 代表では1982、1986のワールドカップに出場して優勝こそ出来な
 かったが、準優勝に貢献した。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!



 

 
ラベル:ドイツ
posted by ポポフ at 17:58| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

ユゼフ・ムイナルチク

ユゼフ・ムイナルチク

ユゼフ.jpg

 ● 国籍   ポーランド

 ● 生年月日 1953年9月20日

 ● ポジション GK

 ● 代表出場  42/0

 ● 所属クラブ


 1977-80 オドラ・オポーレ

 1980-84 ビジェフ・ウーチ

 1984-85 バスティア

 1985-89 ポルト


 身長190センチを超える大柄な身体で空中戦に強く、安定した飛び出し
 でゴールマウスを守ったポーランドを代表するゴールキーパー。

 77年にオドラ・オポーレでキャリアをスタートさせると、安定した守り
 でレギュラーの座を獲得すると、80年にビジェフ・ウーチに移籍すると
 80−81、81−82シーズンのリーグ優勝に貢献してた。
 84年にはフランスのバスティアに移籍をし、安定した守りを見せ、他国
 への移籍を成功させると86年にはポルトガルの名門FCポルトへ移籍を
 し85−86、87−88シーズンのリーグ優勝に貢献をして、トヨタ・
 カップも制して89年に引退をした。

 代表では名ゴールキーパーのヤン・トマシェフスキの後釜としてゴール
 マウスを守り1986メキシコ・ワールドカップでは予選リーグで戦った
 イングランド戦でゲーリー・リネカーにハットトリックを決められたが
 他の試合では安定した守りを見せた。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!


ラベル:ポーランド
posted by ポポフ at 17:50| Comment(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

アリー・ハーン

アリー・ハーン

ハン.jpg

 ● 国籍   オランダ

 ● 生年月日 1948年11月6日

 ● ポジション MF

 ● 代表出場  35/6

 ● 所属クラブ


 1969-75 アヤックス

 1975-81 アンデルレヒト

 1981-83 スタンダール・リエージュ

 1983-84 PSV


 屈強な身体を武器に激しいチェックでボールを奪うと、的確なパスを前線
 に送り攻撃の起点にもなったり、時折見せる強力なミドルシュートを武器
 に、70年代のオランダ・トータルフットボール中盤の底で支えた守備的
 ミッドフィルダー

 69年に名門アヤックスでキャリアをスタートさせると1〜2年目は試合
 出場に恵まれなかったが、3年目からチームの主力としてプレーをして、
 アルデルレヒトに移籍するまでにリーグ戦3回、カップ戦3回、チャンピ
 ズ・カップ70−71、71−72、72−73シーズンに3連覇を果た
 し、アヤックスの黄金期を支えた。

 75年にベルギーのアンデルレヒトに移籍をするとここでも中盤の底にで
 プレーをして、チームの躍進を支え、81年にスタンダール・リエージュ
 83年にPSVに移籍をしプレーをして、翌年に引退をした。

 代表では70年代に世界に旋風を巻き起こした、オランダ・トータルフッ
 とボールの主力選手としてプレーをして1974、1978ワールドカッ
 プに出場して、1974の西ドイツ大会は不慣れなセンターバックでプレ
 ーをし準優勝に貢献をして1978のアルゼンチン大会では本来の守備的
 ミッドフィルダーのポジションでプレーをし、2次予選で35メートルの
 ロングシュートを決めるなどしてこの大会も準優勝に貢献をした。

 ◎人気ブログランキングへ行く

 

↑↑↑
ブログランキングに登録しています!
よろしければクリックをお願いします!!


 
ラベル:オランダ
posted by ポポフ at 23:09| Comment(2) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。